Che-ez! SPYZ (チーズ・スパイシー)激辛計画


8,調理その4(画質改善)・番外編1

SPYZファンの方々が集まる掲示板があります。
そこにCMOSさんという方がいまして、何と、個人で現像ソフト(SPYZ2BMP)を作成して公開しています!
まだ未完成なので、飽くまでも試用評価にとどまりますが、紹介の許可をいただきましたので、取り上げてみます。
まずは同一RAWファイルをBMPに変換した結果です。

Che-ez! Managerによる現像



SilkyPixによる現像



SPYZ2BMPによる現像



撮影当日は曇りでした。これぐらいの明るさの時、SPYZは一番きれいな写真が撮れると思います。(^^;
明るいと白飛びするし、暗いとノイジーになるんですよね・・・・。
さて、画質評価。
Che-ez! Managerは相変わらず偽色が多く、車線もギザギザです。ただ、黒浮きが一番少ないように思えます。
SilkyPixは、しっとりとした落ち着いた画調です。一方、実際より暖色系に振ってますね。
SPYZ2BMPは、コントラストが強く、白飛びしています。各種補正を自動でやっているそうで、画像によって補正が
裏目に出てしまうのかもしれません。今後の改良に期待です。


Top Page へ  前のページへ  次のページへ