SANSUI CD Player CD-α617DR Report







2003年11月24日

ハードオフにて、まだ未チェックで展示前のサンスイ製CDプレーヤー「CD-α617DR(以下α617DR)」を入手した。
「まだチェックしてないので、動作状況で値付けは変わりますけど、現状でよければ500円」ということで商談成立、早速持ち帰る。
前日、"動作します"ということで買ったソニーのジャンクCDプレーヤーが、確かに音楽再生は可能なものの、蛍光管表示が時々消えるという久々のハズレを引いたため、そのリベンジでもあった。
尤も、このα617DRとて動くかどうか分からないし、サンスイのCDプレーヤーは初めてなので、直せるかどうか自信もない。
このα617DR、型番から察するに中級機、中でも激戦区だった79800円クラスと思われる。(<注:69800円だったそうです)
それだけにコストパフォーマンスはよいはずで、ジャンク再生マシンとして結構期待できそうだ。
立派な外観にほとんど傷がなく、修理不能でも最悪パソコンケースとして使えば面白そうだし(ぉぃぉぃ)。

で、結果は予想外の大当たり機で、修理不要、書斎で常用することにした。
MASH DACを除けば、古典的なパーツ(特にオーディオ用ケミコン)の物量投入路線モデルだが、バブル時代ならではの"力技"でポイントを稼いだモデルではなかろうか。



外観。かなり大型で、それなりの重量がある。
一見するとレーザーカラオケディスクプレーヤーと錯覚しそうなデザイン。(爆)



トレーはスリムで、動作も速い。
これまでソニーのCDプレーヤーを好んで使っていたのは、総じて動作が機敏だったからだが、この機種も快適なレスポンス。
トレーがスッと出てきてスッと引っ込む。再生への移行も早い。





リモコンがないので、ダイレクト選曲できるテンキーがありがたい。


音質劣化の少ないデジタル式アッテネーターを採用、1dBステップでライン出力とヘッドフォン出力の音量調整ができる。
欠点は最小が-26dBなので、ヘッドフォン出力の音がまだかなり大きいことか。
電源をOFFにしても、リモコン待機状態のためか完全に電源OFFにならずSTANDBYになる。(ちょっと無駄)


フロントに燦然と輝くMASHロゴ。
それにしても「1ビットダブルマルチステージノイズシェーピングバランステクノロジーシステムCDプレーヤー」と長々しいネーミングは一体・・・・。(^^;



背面にはアナログOUTと光OUT、サンスイ製コンポとのシンクロ用(?)SYNC端子がある。至ってシンプル。



機種銘板です。


・・・・だそうです。(笑)



以下、内部写真。
電源トランスは1つで、基板の素材はガラエポではないが、電源回路をセクション毎に構成し、その個々のセクション毎に搭載している電源用コンデンサはオーディオ用がてんこ盛り。
緑のMUSE、茶色のSILMICをこれだけ投入できたのも、バブルのなせる技?
(これはサーボ基板?<失念)


こちらはオーディオ基板。



SILMICがいっぱい。
思わずいくらかかっているか計算してしまう。(<小市民)



制振目的か、パーツに細工をしてある。
中級機とは思えない手間のかけ方。




ここまで手間をかけて、どれぐらい効果があるんでしょうね。(^-^;



松下製MASH D/Aコンバーターチップ(MN6474M)。
普通1個で2チャンネルなのだが、さわざわデュアルで搭載して差動構成となっている。



メカはソニー製ですよね、これ?
駆動はリニアモーターで、動作レスポンスが良好です。
ドライブの固定ネジは銅製。



電源・デジタル基板とドライブユニットにはわざわざ壁を作り、更に振動防止のためにダンプしてある。
これぐらいになると自動化は無理なので、わざわざ手作業で生産していたのだろう。



天板には銅板が貼ってある。
一部分だけで効果がどれぐらいあるのか不明だが、ダンプ効果はあるようで、天板を叩いても響かない。
どうせ見えない部分だけど、黒の塗装が結構適当だったりする。


インシュレーター。
材質は普通のプラスチック。
無いよりマシといったレベルか。






2003/12/06

サンスイにリモコンの見積りを取ったところ、リモコン・送料・税で何と7000円を超える金額が。( ̄□ ̄;)!!
本体を500円で入手して、リモコンに7000円はないだろう・・・ということで、Yahoo!オークションでサンスイ製のリモコンだけ未使用新品のジャンクCDプレーヤーを2300円で落札、無事リモコンを入手しました。
リモコンはメーカーでコードが規定されているので、代用品で間に合わせることができてありがたい。
ちなみにこのジャンクCDプレーヤー、音飛びやノイズが出るものの、見た目は傷一つない美品で、リモコン買ったらオマケにCDプレーヤーが付いてきたようなものです。
これも後日修理して遊ぼう。(ちなみに機種はCD-α7というミニコンポ用CDプレーヤー)




2003/12/07

オーディオ懐古録さんから商品仕様を教えていただきました。

-----------------------------------------
CD-α617DRは1991年頃の製品で、SANSUIのCDデッキの中級機として、CD-α717DR(\108,000)の弟機として出ていました。

主な特徴
・1ビットDAC ICを2個使用してディファレンシャルモードで動作
・センターメカニズム
・スプリングとオイルダンパーによるトレイメカ部分のフローティング機構
・各部独立のマルチ電源
・バランスサーボ回路

主な仕様  CD-α617DR \69,800
・再生周波数:DC〜20kHz ±0.3dB
・ダイナミックレンジ:98dB
・SN比:105dB
・出力:アナログ、デジタル、各1
・大きさ・重量:430(W)×124(H)×391(D)mm 、9.0kg
-----------------------------------------

69800円クラスでこの物量投入タイプのオーディオ機器は、今じゃ採算が合わなくて誰も発売しないでしょうね。




-- The End --